Hatena::Grouplandreaall

管理日記

 | 

2009-03-03

Wikipediaの"Contemporary fantasy"拙訳

| 23:37


原文

Contemporary fantasy is a subgenre of fantasy, also known as modern-day fantasy, or indigenous fantasy. These terms are used to describe stories set in the putative real world (often referred to as consensus reality) in contemporary times, in which, it is revealed, magic and magical creatures secretly exist, either living in the interstices of our world or leaking over from alternate worlds. It thus has much in common with, and sometimes overlaps with, secret history; a work of fantasy in which the magic could not remain secret does not fit into this subgenre. Occasionally certain contemporary fantasy novels will make reference to pop culture.

Novels in which modern characters travel into alternate worlds, and all the magical action takes place there (except for the portal required to transport them), are thus not considered contemporary fantasy.

Contemporary fantasy is also to be distinguished from horror fiction, which also often has contemporary settings. When encountering magical events and creatures, the protagonist of a horror novel is horrified, while the protagonist of a fantasy novel (contemporary or otherwise) is filled with a sense of joy and wonder. Horrifying events may happen, but the fundamental distinction is vital.


拙訳(誤訳があるかもしれないので注意)

Contemporary fantasy is a subgenre of fantasy, also known as modern-day fantasy, or indigenous fantasy.

コンテンポラリーファンタジーとは、ファンタジーのサブジャンルである。現代ファンタジー、インディジネスファンタジー*1とも呼ばれる。

These terms are used to describe stories set in the putative real world (often referred to as consensus reality) in contemporary times, in which, it is revealed, magic and magical creatures secretly exist, either living in the interstices of our world or leaking over from alternate worlds.

これらの用語は、次のような物語を言い表すのに使われる。今の時代の、現実世界とおぼしき世界(コンセンサスリアリティともいわれる)に、魔法や幻想生物が実は存在していて、世界のはざまにいたこと、あるいは異世界からやってきたことが判明する。*2

It thus has much in common with, and sometimes overlaps with, secret history; a work of fantasy in which the magic could not remain secret does not fit into this subgenre.

これは、“秘史”*3(魔法を秘密のままにできなかった*4ファンタジー作品はこのサブジャンルに含まれない)と共通している。

Occasionally certain contemporary fantasy novels will make reference to pop culture.

ある種のコンテンポラリーファンタジー小説はポップカルチャーを参照することもある*5

Novels in which modern characters travel into alternate worlds, and all the magical action takes place there (except for the portal required to transport them), are thus not considered contemporary fantasy.

現代のキャラクターが異世界を訪れて、不思議な出来事はその世界でしか起こらない(異世界への扉が開くことは省く*6)ような小説は、コンテンポラリーファンタジーであるとはみなされない。

Contemporary fantasy is also to be distinguished from horror fiction, which also often has contemporary settings.

また、コンテンポラリーファンタジーはホラーとも区別される。ホラーは現代が舞台になることもあるが。

When encountering magical events and creatures, the protagonist of a horror novel is horrified, while the protagonist of a fantasy novel (contemporary or otherwise) is filled with a sense of joy and wonder. Horrifying events may happen, but the fundamental distinction is vital.

不思議な出来事や生物に遭遇したとき、ホラー小説の主人公は恐怖するが、ファンタジー小説の主人公は(コンテンポラリーでもそうでなくとも)喜びと驚きの感覚に満たされる。恐ろしい出来事は起こり得るが、根本的な差異が重要である。


雑感

前回(http://landreaall.g.hatena.ne.jp/toruot/20090302/1235922797)の続き。


やっぱり現実世界が舞台であるものなのか。

つか、「会に魔法が存在するロー・ファンタジーや、現代社会の人間が異世界を訪れるタイプのハイ・ファンタジー」こそがコンテンポラリーファンタジーであるようだ。Wikipediaの"Examples"で挙げられている作品も、ほとんど現代が舞台みたいだし。


でも、マーセデス・ラッキー作品はハイ・ファンタジーじゃないのかなあ。

これはあれか。『スキズマトリックス』がサイバーパンクに分類されるようなものか。サイバーパンクといえば、近未来でコンピュータネットワークにジャックインで仮想現実、というのが般的なイメージだけど、『スキズマトリックス』は遠未来だしコンピュータネットワーク出てこないし宇宙人でてくるしで普通のSFっぽいんだけど、でもサイバーパンクだとされている。

ジャンルの般的な特徴からは外れていても、そのジャンルに含まれる作品というのはあるものだ。

まあ、Wikipediaの記述が全部正しいとは限らないし。ジャンルの定義も作品の分類も完璧にはできずに論争があるだろうし。何が妥当かもわからないのにこういうこと考え続けても仕方ないんで、このへんで切り上げとこう。

*1:「在来」とか「土着」というニュアンスがあるのか。瞬「固有幻想」にしようかと考えてやめた。

*2:ここはかなり自信が無い。

*3:伝奇?

*4:「ネギま!」で魔法バレするようなものか。

*5猫はしかとかそうか。ランドリの世界は現実世界とはなんの関わりもないんだけど、“ネコミミ”というポップカルチャー(つーかオタク文化)を参照しているわけだ。あと、「30品目萌えファンタジー」というキャッチフレーズがあったっけ。

*6:うわ理屈っぽい(笑)。

トラックバック - http://landreaall.g.hatena.ne.jp/toruot/20090303
 |